女房の足の匂いにレコメンドな石鹸は?

保湿素材が入っていない石鹸がおすすめです。

足用の石鹸も売られているので、そういったものを取り扱うのも良いです。

但し、ここで注意してほしいのが皮膚がか弱い顧客にはお勧めできないということです。

なぜなら、足用の石鹸は更に効力の強い素材が配合されているので、センシチブ皮膚の顧客はかぶれてしまったりといった皮膚が傷ついてしまう。

扱う際には満足気をつけてください。

では、次のHPで足用の石鹸をご紹介します。

足のあべこべも思い切り汗をかくロケーションなので、においも気になるところです。

本当は足の裏には、体のほかのどのポジショニングよりも 3ダブルから10ダブルという汗線があります。

こういう汗線は体温を調整してもらえる大事な臓器で、両足で1日にコップ一杯、凡そ200CCほどの汗をかくといわれています。

汗本体自体は全く臭いはしませんが、こういう汗といった体温で蒸れている角質を餌にし、微生物が分解する事で臭いを発生します。

ちっちゃな範囲の中にびっしりと汗線が集中しているので、においも強くなります。

改善していく手としては、第1に足あべこべって指にわたりをシャワーでしっかりと落とし清潔に保つ案件。

そうして石鹸は、デオドラントの滅菌効果のある石鹸はとても効果的です。

とりわけ体調ソープよりも固形石鹸がバックアップ。

なぜならボディソープの多数には保湿素材が含まれています。

これは皮膚の潤いを保護するために、歓喜を保っていくためには欠かせないものなのですが、足にあたって言えば、保湿は靴を履くため大量の汗をかくので必要ありません。

かえって、乾燥させて出向くことが重要なので、保湿素材が入っていない石鹸がおすすめです。

足用の石鹸も売られているので、そういったものを扱うのも良いです。

但し、ここで注意してほしいのが皮膚がもろい顧客にはお勧めできないということです。

なぜなら、足用の石鹸は断然効力の凄い素材が配合されているので、センシチブ皮膚の顧客はかぶれてしまったりと皮膚が傷ついてしまう。

取り扱う際には満足気をつけてください。

まずは、次のHPで足用の石鹸をご紹介します。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です